ビデオゲーム

設立背景と活動趣旨

 デジタル革新により新たな価値創造を目指している今日の日本において、技術の急速な進展、及び、様々な環境変化は、旧来のスコープにはない「サプライチェーンリスク」、「地政学的リスク」等のサイバー上の脅威をもたらしており、企業における経営上のサイバーリスクが増大してきています。
 特に日本企業においては、「ITアウトソース文化」、「セキュリティ技術の海外依存」など日本固有の環境があり、これらのリスクに対する「サイバーセキュリティ」確保も一筋縄ではいかないことが多いものです。このように、さらに高度な「サイバーセキュリティ対応」が求められるなかで、予防的観点からも考慮された適切かつ継続的な対応を行い、安全・安心な事業継続を図ることが重要であるとともに、これらの対策を行いうる人材の確保も大きな課題となっています。

 このような状況における課題解決に向けて、日本企業の置かれた環境を熟知し、豊富な経験・ナレッジを有する、志のあるセキュリティ・プロ集団が、結束し活動することで、社会貢献をはたすことを目的とし、サイバーセキュリティイニシアティブジャパン(略称:CSIJ)を立ち上げました。

 当団体では、環境変化を常にキャッチアップし、これからの将来を見据えて企業が行うべき必要かつ現実的、さらに、日本の市場特性も考慮した「サイバーセキュリティ対応」を提言するだけではなく、実効性のある実装にむけた支援を行います。加えて、この「サイバーセキュリティ対応・実装」に必要な人材輩出に向けた活動も実施します。

当活動により、ITの有効な利活用を可能とする「企業活動の健全な活性化」、その先の「安全・安心社会の実現」が果たされる一助となることを切に願うものです。